胸元や背中のニキビ

MENU

胸元や背中にニキビができてしまったら

胸元や背中は皮脂腺がたくさんあるため、ニキビができやすく悩んでいる方が少なくありません。
もしボディーソープを使っているのであれば、低刺激の固形石けんがおすすめです。
ボディソープは界面活性剤が多く配合されているうえに、しっとりとした洗いあがりにするため油分が多く使われています。

 

下着や肌着はしめつけや化繊の刺激で胸元や背中にニキビができてしまうこともあるので、できるかぎり天然素材のものを選びましょう。

 

予防を心がけても胸元や背中にできたニキビがセルフケアで治らず悪化するようなら皮膚科を受診しましょう。
また漢方薬が効果的な場合もあります。
胸元や背中に小さいニキビが散らばるようにできるタイプには柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)がよく効くそうです。
化膿したニキビが背中にできやすい方には十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)で体質改善ができるそうです。
漢方薬は相性がよければ効果がてきめんに現れますので、漢方に明るい皮膚科医をあたってみるのも良いと思います。

 

自己判断やセルフケアでニキビが悪化することも

ニキビができてしまっても放っておけばそのうち治ると思った、1日に何度もゴシゴシ洗いをしていた、ニキビによさそうな化粧品のCMだった等、自己判断や間違ったセルフケアでニキビが悪化してしまうことがあります。
ニキビができてしまったら、白ニキビ・黒ニキビの段階で食い止めるか皮膚科を受診しましょう。
皮膚科での治療と平行して、規則正しい生活や正しいスキンケアを心がけ治療の成果がはやく表れるように意識するとも大切です。

 

★次のページは「ニキビ治療のための皮膚科・美容皮膚科の選び方」について

 

 

ニキビの対処法TOPへ戻る

 

 

 

 

関連ページ

ニキビの対処法について
もしニキビができてしまったら、自己流で間違ったケアをするとニキビ跡として肌に残ってしまったり、傷跡のようになってしまうこともあります。ニキビの状態に応じた正しいケアを知って悪化させないようにしましょう。
炎症が進んだ「黄ニキビ」ができてしまったら
赤ニキビを放置して進行してくると膿がたまってきて「黄ニキビ」と呼ばれる状態になってしまいます。下手に潰してしまうとニキビ跡として残ってしまう可能性があります。
ニキビ治療のための皮膚科・美容皮膚科の選び方
ニキビができてしまったり、ニキビ跡が残ってしまったら皮膚科や美容皮膚科で診てもらう方法もあります。