ニキビ治療のための皮膚科・美容皮膚科の選び方

MENU

ニキビ治療のための皮膚科・美容皮膚科の選び方

白ニキビ、黒ニキビの段階であればセルフケアで治ることもありますが、赤ニキビや黄ニキビに進行してしまったら皮膚科か美容皮膚科を受診したほうが良い場合もあります。
皮膚科はニキビを疾患として治療するのに対し、美容皮膚科は美しさを目的によりきれいに治そうとする違いがあります。

皮膚科でのニキビ治療は保険診療が主です。
美容皮膚科は美しさのための施術なので保険の適用はありません。

 

保険診療の皮膚科でニキビを治してから、美容皮膚科でニキビ跡を目立たなくするというようにニキビの経過に応じて病院を変えることもできます。
皮膚科を選ぶ時は診療科目に内科や小児科などと書かれているところよりも、皮膚科のみを挙げているところの方がニキビの専門知識が高い医師がいると考えられます。

 

美容皮膚科を選ぶ時は、ニキビ治療を専門的に診ているところがおすすめです。
シミ・たるみなどのアンチエイジングに力を入れている美容皮膚科もありますので事前に下調べをしましょう。

皮膚科、美容皮膚科で行われるニキビ治療の内容は?

皮膚科では外用薬や内服薬やビタミン剤が処方されることが多いです。
最近では2008年に認可された白ニキビ、黒ニキビといった初期のニキビにも効果があるディフェリンが注目されています。

 

スキンケア用のビタミンC誘導体を配合したローションやクリームが処方されることもあります。
ビタミン剤やビタミンC配合のローションは保険が適用されるので比較的安価で入手できるメリットがあります。

 

美容皮膚科では、毛穴づまりの原因となる不水角質をとりのぞくケミカルピーリングやニキビ改善に役立つビタミンなどを真皮まで浸透させるイオン導入が行われます。
いずれも1回5,000円から費用がかかるのが一般的です。

 

ニキビの対処法TOPへ戻る

 

 

 

 

関連ページ

ニキビの対処法について
もしニキビができてしまったら、自己流で間違ったケアをするとニキビ跡として肌に残ってしまったり、傷跡のようになってしまうこともあります。ニキビの状態に応じた正しいケアを知って悪化させないようにしましょう。
炎症が進んだ「黄ニキビ」ができてしまったら
赤ニキビを放置して進行してくると膿がたまってきて「黄ニキビ」と呼ばれる状態になってしまいます。下手に潰してしまうとニキビ跡として残ってしまう可能性があります。
胸元や背中にニキビができてしまったら
皮脂腺が多い胸元や背中にもニキビはできやすいのですが、特に背中は普段自分でみることがあまりないので、放置して悪化してしまうケースもあります。