ニキビの対処法について

MENU

ニキビができてしまったら・・・対処法を知っておきましょう

できてしまったニキビは段階を踏んで悪化していきます。
ニキビの種類と段階に応じた対処法を知っておきましょう。

  • 初期のニキビ「黒ニキビ」と「白ニキビ」ができてしまったら

毛穴に皮脂がつまったニキビのでき始めの状態で面疱といいます。
毛穴がふさがって白くブツブツと見えるものが白ニキビ、毛穴が開いて先端が黒ずんでいるものを黒ニキビと呼び、コメドという言い方をすることもあります。

 

この段階で治ってしまうこともありますが、悪化してしまうこともあるので注意が必要です。
ピーリングや保湿ケアで毛穴づまりが進行しないようにケアして、コメドプッシャーで取りのぞきましょう。コメドプッシャーは洗顔後や入浴後の清潔な肌に使います。爪で無理に押し出そうとすると毛穴が炎症を起こしてしまうのでやめましょう。

 

  • アクネ菌が増殖した「赤ニキビ」ができてしまったら

毛穴に溜まった皮脂をエサにアクネ菌が増殖し炎症が始まったニキビを丘疹といいます。これは赤くポツポツとしているところから赤ニキビともいいます。

 

皮脂の酸化が進むと炎症を悪化させてしまいます。抗酸化作用があるビタミンCのスキンケア商品で様子をみたり、市販のニキビ薬で悪化を防ぎましょう。
赤ニキビを潰すと後が残ってしまうことがあるのでむやみにいじらないほうが良い場合が多いです。

 

 

★次のページは「炎症が進んだ黄ニキビ」ができてしまったら」について

 

 

ニキビの対処法TOPへ戻る

 

 

 

関連ページ

炎症が進んだ「黄ニキビ」ができてしまったら
赤ニキビを放置して進行してくると膿がたまってきて「黄ニキビ」と呼ばれる状態になってしまいます。下手に潰してしまうとニキビ跡として残ってしまう可能性があります。
胸元や背中にニキビができてしまったら
皮脂腺が多い胸元や背中にもニキビはできやすいのですが、特に背中は普段自分でみることがあまりないので、放置して悪化してしまうケースもあります。
ニキビ治療のための皮膚科・美容皮膚科の選び方
ニキビができてしまったり、ニキビ跡が残ってしまったら皮膚科や美容皮膚科で診てもらう方法もあります。