ニキビ跡の治療

MENU

ニキビ跡をもっと早く消していくために必要なスキンケア成分

  • 残ってしまったニキビ跡にを薄くする成分は?

ニキビの炎症による赤味が残ってしまったニキビ跡と、ニキビの炎症から色素沈着が残ってしまったシミのようなニキビ跡はクレーター状のニキビ跡に比べると比較的早くセルフケアでも薄くすることができます。

赤みが残るタイプのニキビ跡はビタミンC配合の化粧水や美容液が適しています。

ビタミンCは肌の炎症を抑え、傷んだお肌を肌の内側から修復する働きがあります。赤みが残ってしまうのは、まだ完全に肌の炎症が治まっていない状態。ビタミンCケアで早めに対策しましょう。

 

茶色いシミのようなニキビ跡は色素沈着してしまっています。

加齢や紫外線のダメージでできてしまう肌のシミと同様に美白成分が配合された化粧品でのケアが適しています。
代表的な美白成分にはビタミンC、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどがあります。

美白成分にも色々ありますが、色素沈着タイプのシミ、ニキビ跡に効果的なのは、ずばりビタミンCです。

 

アルブチンやコウジ酸などの成分は肌の奥から生成されるメラニンを予防するタイプの成分に対し、 ビタミンCはメラニン予防に加え、還元作用によって直接ニキビ跡のシミに作用し薄くしていく効果があるからです。

美白成分ビタミンC誘導体配合のニキビ跡とニキビ予防に適したニキビケア

 

■ニキビ跡は紫外線を浴びることでさらに濃いシミになってしまうので、紫外線対策をしっかり行うことも大切です。ビタミンCでケアをしながら普段のUVケアもしっかり行いましょう。

 

クレーター状のニキビ跡は治せる?

凹凸があるクレーター状のニキビ跡はレチノール配合のクリームで肌をなめらかに整えることができるそうですが、市販のものはレチノールの配合が少ないため劇的な効果は期待できないようです。
美容皮膚科で濃度が高いレチノールを処方してもらったり、ピーリングやレーザーを使った治療が効果をあげています。

自宅で行うセルフケアでもじっくりと時間をかけて凸凹ニキビ跡を目立たなくすることも可能です。

セルフケアで凸凹のクレーターニキビ跡を修復するためには、肌の再生を促すこと(ターンオーバー)に加え、壊れてしまったコラーゲンやエラスチン等を再生させることを促す成分(ビタミンCが有効)でケアすることが必要です。
その為に有効な成分を毎日のスキンケアに取り入れて根気よくケアすることで、徐々にクレーターニキビ跡が目立たなくなっていきます。

 

クレーター肌におすすめ!

アクレケア

 

どんなに効果の高い成分でケアしても、クレーター状のニキビ跡ができてしまうと解消するのはとても時間がかかり大変です。
ニキビ跡が残らないように正しいニキビケアで早期に治すことや、新しいニキビを作らないようにニキビ予防を心がけることも大切です。

 

 

★続きは美容皮膚科で行われるニキビ跡の治療についてです。

 

 

ニキビ跡の治療について


関連ページ

ニキビ跡が残ってしまったら
ニキビを潰してしまったり、同じところにニキビが繰り返しできてしまったりするとニキビ痕が残ってしまうことがあります。メイクだけではきれいに隠せないこともあり悩みを抱えている方が少なくありません。ニキビ痕が残ってしまった時のケア、治療にかかる費用などを知っておきましょう。
美容皮膚科で行われるニキビ跡の治療
美容皮膚科ではケミカルピーリング、レチノイン酸(レチノール)の塗り薬、各種レーザーによるニキビ跡治療が行われています。それぞれの特徴などを説明いたします。
ニキビ跡の治療で美容皮膚科でかかる費用は?
ニキビ跡の治療は美容目的で行われるため保険適応外の治療になることがほとんどです。 また通院が長くなることも多く、費用がかさんでしまうことがあります。レーザー治療やフォトフェイシャル、ケミカルピーリングの費用などについて。