美容皮膚科 ニキビ跡の治療費

MENU

ニキビ跡の治療で美容皮膚科でかかる費用について

ニキビ跡の治療は美容目的で行われるため保険適応外の治療になることがほとんどです。 また通院が長くなることも多く、費用がかさんでしまうことがあります。

  • レーザー治療

1回で済むものと5回以上繰り返し行うものなど様々なタイプがあります。1ヶ所で5,000円から費用がかかるようです。

  • フォトフェイシャル

5回で1クール、ニキビ跡の状態に合わせて何クールか繰り返し治療を行います。1クール10万〜30万円程かかります。

  • ケミカルピーリング

市販のピーリングよりも高濃度の酸で古い角質を取り除く治療です。1回1万円前後かかるのが一般的です。イオン導入と組み合わせた定期コースで少しお得な料金設定をしている美容皮膚科もあります。

  • レチノイン酸(レチノール)

市販品より高濃度のクリームで、肌のターンオーバーを促します。1か月分で3,000〜5,000円ほどかかるようです。

 

◎クリニックや皮膚科に行くほどでもない・・・でもニキビ跡は気になるんだよね。って人にはコレ!
自宅で地道にスキンケアでニキビ跡をケアできるニキビ跡専用のスキンケアをランキングで紹介!

自宅でニキビ跡を治す方法とニキビ跡専用スキンケアのランキング

 

ニキビ跡が残りやすい時は婦人科も受診してみて

規則正しい生活を心がけ、皮膚科に通院し正しいスキンケアを行っても繰り返しニキビができてしまうことがあります。もし生理不順が続いていたら婦人科を受診してみましょう。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが乱れていたり、子宮筋腫などの婦人科系の疾患が原因で、繰り返すニキビによるニキビ痕が残ってしまうことがあります。

女性ホルモンの乱れとニキビの関係については、こちらのページのグラフで解説しています。
なぜ生理前になるとニキビができるの? - 女性ホルモンとニキビの関係について

 

ニキビ跡の治療について

 


関連ページ

ニキビ跡が残ってしまったら
ニキビを潰してしまったり、同じところにニキビが繰り返しできてしまったりするとニキビ痕が残ってしまうことがあります。メイクだけではきれいに隠せないこともあり悩みを抱えている方が少なくありません。ニキビ痕が残ってしまった時のケア、治療にかかる費用などを知っておきましょう。
ニキビ跡を消すために必要なスキンケア成分
ニキビの炎症による赤味が残ってしまったニキビ跡やニキビの炎症から色素沈着が残ってしまったシミのようなニキビ跡はクレーター状のニキビ跡に比べると比較的早くセルフケアでも薄くすることができます。それではどのようなスキンケア成分が有効なのでしょうか。
美容皮膚科で行われるニキビ跡の治療
美容皮膚科ではケミカルピーリング、レチノイン酸(レチノール)の塗り薬、各種レーザーによるニキビ跡治療が行われています。それぞれの特徴などを説明いたします。