ニキビができにくい人のスキンケア

MENU

ニキビができにくい人のスキンケアの秘密

スキンケアでニキビができにくい肌を手に入れる!

毎日行うスキンケア、間違っていませんか?ちょっとした日々の積み重ねがニキビができにくい肌を作ります。正しい洗顔方法、基礎化粧品の選び方・使い方をマスターしましょう!

  • クレンジングは手早く行うのが鉄則!

メイクを落とすクレンジングは、メイクと水をなじませるために界面活性剤が含まれています。特にメイク落ちが良い合成界面活性剤は肌を極端に乾燥させ、肌をいためやすい成分でニキビにもよくありません。クレンジングはできるだけ手早く短い時間で行い、刺激にならないようにこころがけましょう。

 

目元のアイメイクを落とす時、 落ちにくいアイメイクはオリーブオイルを含ませたコットンを10秒ほどあてて上から下に滑らせると落とせます。
目元専用のポイントメイク落としは洗浄力が高く必要なうるおいが奪われてしまうことがあるので気をつけましょう。

 

  • シートタイプのクレンジングはニキビ肌に不向き

クレンジングはオイル、クリーム、ジェル、ミルク、ローションなどの種類があります。
メーカーにもよりますがオイルは界面活性剤が多く、ミルクやローションはオイルよりも少ないといわれています。
しっかりメイクをした時はオイル、軽いメイクならミルクと使い分けると良いでしょう。

 

ウェットティッシュタイプ、シートタイプのクレンジングはつい肌をこすってしまうのでニキビに刺激を与えてしまうこともありますから、余程時短したい場合以外は使用を控えたほうがよいでしょう。ニキビ肌の人やニキビになりやすい肌の人は、さっと洗い流せるクレンジングがおすすめです。

 

 

●次のページでは「洗顔料は種類がたくさんあって選ぶのが大変!?」について
続きを読む>>種類が豊富な洗顔料の選び方

 

 

ニキビが出来にくいスキンケア

 

大人ニキビ -TOPへ

 

 

 

関連ページ

種類豊富なニキビ洗顔料の選び方
洗顔料は香料や着色料を配合していない固形石けんが肌質を問わず使えるのでおすすめです。ニキビとニキビ跡が混在している方や、肌のざらつきやくすみもニキビと一緒に解消したいという方にはピーリング石けんがピッタリです。
ありがちな洗顔の間違いとは
ニキビ肌は1日に何度も洗顔をしても良いと思っている方要注意です!思春期や脂性肌で肌のベタつきが気になる方は朝晩2回の洗顔で十分です。
洗顔した後のスキンケア
ニキビ肌にも保湿は必要!― ニキビができにくくなる化粧水は?−美容液でたっぷりの保湿も忘れずに・・・ノンコメドジェニックというニキビができにくい油分のみを使った乳液やクリームで保湿力を高めるのも良いでしょう。