種類豊富なニキビ洗顔料の選び方

MENU

種類豊富なニキビ洗顔料の選び方は?

洗顔料は香料や着色料を配合していない固形石けんが肌質を問わず使えるのでおすすめです。
石けんがしみるほど敏感肌になっている方は、泡立たないタイプの天然クレイ洗顔料が適しています。

ニキビとニキビ跡が混在している方や、肌のざらつきやくすみもニキビと一緒に解消したいという方にはピーリング石けんがピッタリです。

 

ピーリングの効果は、古い角質を取り除き毛穴づまりを防いでニキビができにくくなるだけでなく、ニキビの色素沈着やくすみを取りのぞく効果もあります。
ホームピーリングを行う場合は週1回〜2回の使用が目安です。

 

 

正しい洗顔方法でニキビを悪化させない!

正しい洗顔方法 洗顔はニキビができにくい肌をつくるための重要なプロセスです。
間違った洗顔方法で肌を傷つけたり、ニキビを悪化させないためにも正しい洗顔方法を覚えましょう。

  1. ぬるま湯でホコリなどの軽い汚れを素洗いします。
  2.  

  3. 洗顔料をよく泡立てます。泡立てネットを使うとすばやくたっぷりの泡を作れます。
  4.  

  5. 皮脂の分泌が多いTゾーンから、玉子を割らない力加減をイメージしてくるくる円を描くように洗います。
  6.  

  7. Uゾーンも優しく泡と汚れをなじませるように洗います。目元や口元はデリケートなので軽く泡をのせるように洗いましょう。
  8.  

  9. すすぎも人肌程度のぬるま湯で行います。生え際やフェイスラインはすすぎ残しが多いので十分洗い流しましょう。
  10.  

  11. 水分を拭くときは、清潔なタオルで肌を軽く押さえるように水分を吸わせるイメージで。ゴシゴシ拭かないように注意してください。

 

●続きは・・・知らずにやっているかも??間違った洗顔方法について
続きを読む>>あなたは大丈夫!?ありがちな洗顔の間違いとは

 

 

ニキビが出来にくいスキンケア - TOPへ

 

 

関連ページ

ニキビができにくい人のスキンケアの秘密
スキンケアでニキビができにくい肌を手に入れる!! 毎日行うスキンケア、間違っていませんか?ちょっとした日々の積み重ねがニキビができにくい肌を作ります。正しい洗顔方法、基礎化粧品の選び方・使い方をマスターしましょう!
ありがちな洗顔の間違いとは
ニキビ肌は1日に何度も洗顔をしても良いと思っている方要注意です!思春期や脂性肌で肌のベタつきが気になる方は朝晩2回の洗顔で十分です。
洗顔した後のスキンケア
ニキビ肌にも保湿は必要!― ニキビができにくくなる化粧水は?−美容液でたっぷりの保湿も忘れずに・・・ノンコメドジェニックというニキビができにくい油分のみを使った乳液やクリームで保湿力を高めるのも良いでしょう。