洗顔の間違い

MENU

あなたは大丈夫!?ありがちな洗顔の間違いとは

  • 十分に洗顔料を泡立てていない

たっぷりの泡は肌の摩擦を防ぐクッションの役割もあります。強い摩擦は色素沈着の原因になることも。

 

  • ゴシゴシ洗いは肌のダメージに

強くこすりすぎると健康な角質を傷つけてしまうことになります。泡で汚れをなじませるように優しく洗いましょう。

 

  • じっくり洗えばニキビが治る?

長時間、肌の上に洗顔料を乗せていると必要な皮脂が取り除かれて肌がガサガサになったり刺激になったりします。洗顔は短時間ですませましょう。

 

  • 最後のすすぎは冷水でしめる

すすぎの仕上げに冷水をつかうと毛穴がしまってニキビができにくくなるという考えがあるようですが、急激な温度変化は顔色のムラや赤ら顔の原因になることも。

 

 

ニキビが気になるからといって過剰な洗顔に注意!

ニキビ肌は1日に何度も洗顔をしても良いと思っている方要注意です!
思春期や脂性肌で肌のベタつきが気になる方は朝晩2回の洗顔で十分です。
その他の肌質の方は朝はぬるま湯、夜は洗顔料での洗顔を。

 

過剰な回数の洗顔は肌の乾燥を促して角質を厚くします。
角質が厚くなると毛穴が詰まりやすくなり大人ニキビの原因を作ってしまうので注意しましょう。

 

●最後は・・・洗顔後はどうしたらいいの? 化粧水や美容液の選び方について
続きを読む>>洗顔した後はどんなスキンケアをすればいいの?

 

ニキビが出来にくいスキンケア - TOPへ

 

 

 

 

関連ページ

ニキビができにくい人のスキンケアの秘密
スキンケアでニキビができにくい肌を手に入れる!! 毎日行うスキンケア、間違っていませんか?ちょっとした日々の積み重ねがニキビができにくい肌を作ります。正しい洗顔方法、基礎化粧品の選び方・使い方をマスターしましょう!
種類豊富なニキビ洗顔料の選び方
洗顔料は香料や着色料を配合していない固形石けんが肌質を問わず使えるのでおすすめです。ニキビとニキビ跡が混在している方や、肌のざらつきやくすみもニキビと一緒に解消したいという方にはピーリング石けんがピッタリです。
洗顔した後のスキンケア
ニキビ肌にも保湿は必要!― ニキビができにくくなる化粧水は?−美容液でたっぷりの保湿も忘れずに・・・ノンコメドジェニックというニキビができにくい油分のみを使った乳液やクリームで保湿力を高めるのも良いでしょう。